5/11(金)~5/25(金)トレーニング日記(「なんとなく」)

久しぶりのトレーニング日記(^_^;)

だけど、グループパワーは欠かさず行ってた。


11(金)は、グループパワー45

15(火)は、グループパワー60

18(金)は、グループパワー45

22(火)は、グループパワー60

そして

今日(25(金))は、グループパワー45。

これで10回めの参加。



前回の日記から、最も変わったのは

スイムがなくなったこと。


この5回は、

まったく泳いでいない。


別に意図しているわけではなくて

なんとなく。



グループパワーでヘロヘロになった後

15分ほど、マッサージチェアで横になって休み

前腕・上腕二頭筋・上腕三頭筋といった

グループパワーであまり使わない部位を

ジムエリアでトレーニングするんだけど、

それが終わると、そのままシャワーを浴びて帰ってきちゃう。



その理由を、ちょっと考えてみた。


まずは、

グループパワーが有酸素運動であるということ。


メインの運動は、ウエイトトレーニングだけど

45~60分間、ほぼ動きっぱなし。

息が上がって、汗ダーダー(笑


対して、ジムエリアでのウエイトトレーニングは

無酸素運動。


10回を1セットやっては休み、の繰り返しだから

息が上がっても少しだし、ほとんど汗もかかない。


前は、この無酸素運動ばかりだったから

有酸素運動であるスイムを

体が欲していたのではないかと思う。



それと、筋肉の使い方というのも関係しているのでは?

と、思う。


筋肉は、

収縮する動きでは、ほとんど筋肉痛にならない。

(例えば、物を持ち上げる動き)


では、どんな時に筋肉痛になるかというと

筋肉が伸張する時。

(例えば、物を降ろす動き)


簡単に言えば、

筋肉が伸びる時である。



グループパワーは、

この筋肉の伸びる動きが、とにかく多く

更に、ゆっくりと動かしたり

途中で止めたりの変化もある。


なので、

ジムエリアでのウエイトトレーニングでは

ほとんど筋肉痛にならないのに、

グループパワーでは、

一週間も引きずるほどの筋肉痛になってしまうのである。



ちょっと話がそれたが(^_^;)


まあ、早い話が

同じように筋肉を使っていても

疲労の仕方が違うっていうこと。



ジムエリアでのウエイトトレーニングでは

体が重いような感覚があったので

それを解すために泳いでいたが、

グループパワーでは、それがない。


一時的な疲労はあっても、

最終的には、泳いだ後のように体が軽くなる。



以上の理由から、

なんとなく、泳ぐ気にならなかったのだろうと思う。


「なんとなく」には、

必ず、深い意味があるのである。




最後に、

最近の、体の変化。


もちろん、筋肉が増えてはいるのだが

それよりも、見た目が変わってきた。


イメージ的には、

プロレスラーとプロボクサー。


前は、緩い感じの筋肉だったんだけど

段々と締まってきたみたい。


これも、グループパワーのお陰かな

と、思う。




<あとがき>


この先、

どう変わっていくのかは、自分でも解らない。


それは、

「なんとなく」

が、教えてくれることだから。



でも、

一つだけ言えるのは

「なんとなく」

は、向こうからやってこないってこと。


それは、

「経験=自分が進んだ先」にあるもの

だから。



それが、

「継続は力なり」

の、本当の意味である。



関連記事



  1. 無料アクセス解析