12/22(土)~12/24(月)トレーニング日記(体力トレーニングの本質&普通の体)

12/22(土)は、
お休み

12/23(日)は、
ボディコンディショニング
ウオーキング20分

12/24(月)は、
ボディコンディショニング



22日は、前日の疲れを癒すため

久々にトレーニングを休んだ。


23~24は、通常に戻ったが

そこで気付いたこと。



やっぱり、酷い筋肉痛や腰痛は来ないんだけど

軽い筋肉痛の残ってたフクラハギが、なんか変な感じ(笑


表の大きい筋肉は全く筋肉痛がなくて

奥の、骨に近い筋肉が痛い。


この筋肉は「ヒラメ筋」て言うんだけど

これが、いわゆるインナーマッスルである。



それは、

コア(体幹)にしても同じ。


腰の奥の方が、重い感じがするだけで

他に筋肉痛らしきものはない。


これもストレッチと同じく

「体力トレーニングの本質」に、近付きつつあるのかな?

と思う。



それと、

これは書き忘れてたんだけど・・・


1週間ほど前に電車に乗った。

(あまり出掛けないし、いつも車移動だから1年ぶり(笑)


そしたら、

つり革や手摺りに掴まってなくても、立っていられる!



この話を人にすると、へっ?って顔をされるんだけど・・・

実は、これまで電車の揺れに耐えられなかった(^_^;)


ヒザや股関節を動かしてバランスを取ろうと思うんだけど

おっとっと!ってなって、倒れそうになる。


それが、いつの間にか

無意識の内にバランスを取れるようになってた。



その理由は、「足腰が強くなったから!」

ではない(笑


もちろん、トレーニングによって足腰は強くなってるんだけど

最も大きな違いは、「足の指」。



電車に乗ってる時に、

「何でバランス取れてるんだろうな~」なんて考えてたら

あることを思い出した。


それは、

このところ凝ってる「足の指握手&足裏マッサージ」



足裏マッサージってのは、一般的だから誰でも知ってるだろう。

が、

聞き慣れないと思うのは、足の指握手。



例えば、

左足だったら、自分の右手で。


足の指の間に、手の指を入れて

足と手で握手する。


そうすると、

いつも、靴下や靴でピタっとくっついてしまっている指同士が離れる。



単純に考えてだ。

人間というのは、もともと靴下や靴なんて履いていない。

それが自然で、何かを履くのは不自然。


ただ、現代では

裸足でいるわけにはいかないから、そうしてるだけ。



だから、

「足の指を、自然な状態に戻してやる」

ってこと。



足の指が、パッと広がって

クニクニと良く動く(笑


それが自然であり、

その状態に足の指が戻ったから

「足の指を動かして、バランスを取れるようになった」

というわけだ。



ま。

それでも、普通の人は歩いたり電車に乗ったりってのが日常だから

自然な状態に近いんだろう。



これでまた、普通の体に1歩近づいたぞ!

(笑



関連記事



  1. 無料アクセス解析