12/25(火)~1/18(金)トレーニング日記3(古傷&「落ちた気力」の理由)

グループパワーへ出てボロボロになったのも

ウエイト&ウオーキングを再開したのも

ボディクリエイトを続けて、体が変わったから。



そして、もう一つ変わったことがある。


それは、

バイクでの古傷と、坐骨神経痛。



まず、

バイクでの古傷に関して。


ご存知の通り、自分は

右肩骨折

右ヒジ骨折

右足首靭帯損傷

左かかと骨折

といった大きな怪我をしている。



この中で、最も後遺症の残るのが

左かかと骨折。


正確には、

バイクに押し潰された足の甲の痛み。



また、これは大怪我ではないが

左腕の神経も痛めている。


バイクというのは、

転んだ時に、地面へ手を着くことが多い。


おまけに、左へ転ぶ確率が高いから

必然的に左手を打撲するのである。



最近になって、この足の甲の痛みと

左腕の神経痛が酷くなってきた。


だが、

これも、良くないことではなく

むしろ良いこと。



人間の体には、

自然治癒力というものがある。


例えば、

風邪をひけば熱が出る。


これは、体が風邪を治そうとしているからであり

良くないことではなく、良いことである。



それは、

怪我の後遺症でも同じ。


体に刺激を与え、活性化しているから

自然治癒力が働き、痛みが出てくるのである。




が・・・


これは、今の自分にとっては

かなり辛い。



トレーニングを始めてから1年。

体力を向上させようと、必死に頑張ってきた。


でも、怪我の後遺症が治らない限り

スタートラインにも立てない。


その現実を

突きつけられてしまっているようなものだから。




本質を理解するっていうのが、

こんなにも辛く苦しいものだとは・・・

初めて知った。



それが、

「落ちた気力」の理由である。




つづく



関連記事



  1. 無料アクセス解析