FC2ブログ

13/04/13&13/04/14DRSオフロードバイク練習会ライテクメモ(棒立ち踵下げスタンディング&本気)

今週も、土日の2デイズ

だったんだけど・・・


土曜の最後に、ちょっとMコースで頑張っちゃって

日曜はお疲れモード(^_^;)



1時半ごろに河原へは行ったんだけど

もう、眠くて眠くて

2時ごろから車の中で寝てた(笑


でも、そういうのには無理に逆らわない方がいいようで

5時に起きたら、頭スッキリ。


5時半から6時半まで、

集中して走ってきた。



その中で、

気付いた事と思ったこと。



いつものように、一人でウロウロしてたら

なんとなく、本コースに向かってた。

(中洲のモトクロスコース)


もう日暮れ前だから、辺りには誰もいない。

貸切だ(笑



で、これもなんとなく

子供コースを走り始めた。


しばらくオールスタンディングで周回してたけど

ある一つの練習を思いついた。



それは、「棒立ち踵下げスタンディング」

(笑



オールスタンディングで、

フープス状のギャップを走っていて思ったんだな。


エバーツって、

胴体は動かずに、手足だけクニャクニャ動いて

軽やかにギャップを走破していく。


その秘密が、

足の付け根の動きなんじゃないか?って。






それと、

もう一つ。


これは、

トレーニング日記の中で書いた、インナーマッスル。



エバーツは、手足に全く力が入っていないように見えるけど

あのスピードだから、どこかに力が入っていないと耐えられないはず。


それが、

骨盤を立てる筋力=胴体のインナーマッスルじゃないか?って。



そこで、

ヒザを固定して、足の付け根だけ動かそうと頑張ってみる。


が、

どうしても、ヒザも一緒に動く。

(というか、ヒザの屈伸でショックを吸収しようとしてしまう)


なので、

ヒザを伸ばし切り、棒立ちになってみるが

それでもたまに動く。



そして、最後に辿り着いたのが

先の「棒立ち踵下げスタンディング」


棒立ちのとこまでは同じなんだけど

違うのは、「踵を下げる」ってとこ。


こうすると、自然にヒザが伸びっ放しになるので

足の付け根の動きに集中できる。

(スキージャンプみたいなフォーム)



それでしばらく走ってみて、解ったのは・・・

「足の付け根を動かそうとすると、無意識の内に胴体に力が入る」

ってこと。


それはすなわち、

「胴体に力が入れば、足の付け根を固定したり動かしたりも出来る」

ってことである。



少しだけ、

エバーツの走りに近付いたかな(笑




最後に。

思ったこと。



こうやって、何かに気付くっていうのにも

ちゃんとした理由がある。


それは、やっぱり

「集中」



例えば、

土曜は、3時間ぐらいあちこち走り回った。


でも、

何も気付かなかったし、何も残っていない。



それは、

「自分の走りに集中できなかったから」



周りに人がいれば、気が散るし

先頭を走っているとなれば、尚更。


先だけでなく、

後ろにも気を配らなければならないからだ。



それに、一人だったとしても

同じことを続けなければ、何も見えてこない。


今回も、

子供コースを

一人で

オールスタンディングで走り続けた

から見えてきたこと。



本気で上手く速くなりたいんなら

みんなと楽しく3時間じゃなくて

一人で集中して1時間。



それが出来ないのは、

本気じゃないってこと。


ただ、それだけだ。



関連記事



  1. 無料アクセス解析