13/05/12・18・19DRSオフロードバイク練習会ライテクメモ(06’WR250F&足首の動き)

3日分まとめて(^_^;)



18・19は、久々に06’WR250Fに乗った。


前に乗ったのはいつだったかな~

なんて調べてみたら・・・

去年9月のクロスパーク勝沼遠征の時だから

8か月ぶりだった(笑)



で、

久々に乗ってみた感想。


なんか乗りやすい

(笑


もちろん、バイクは何にもしてないから

変わったのは自分。


体が、ある程度パワーに耐えられるようになってる。

(もちろん、扱い切れるレベルではない(^_^;))



なので、

全開加速と減速を繰り返して、体に負荷を掛ける練習をした。


なんとなく乗りたくなったんだけど

やっぱり、体がそれを求めていたみたいだ。



次に、

ライテクの話。


このところは、

足首の動きに集中してる。


その切っ掛けは、コブの通過。


コブに入る時に踵を下げ

(減速フォーム)

出る時につま先を下げる

(加速フォーム)


こうすると、

自然にステップへ体重が乗って、リアサスが縮むので

リアタイヤが、綺麗にコブの両斜面をトレースしてくれる。



あと、

これはジャンプの基本でもある。


リアサスを縮められてるってことは、

サスを使えてるってことだし、

コブに当たる時の衝撃をステップに逃がし

空中に飛び出した時に、体の遅れを防げる。



でも、この足首の動きっていうのは

コブの通過やジャンプに限ったことじゃない。


加速や上りで、前から体に負荷が掛かる時には

つま先を下げる。

減速や下りで、後ろから体に負荷が掛かる時には

踵を下げる。


「前後に負荷が掛かる時の、基本」

ということである。



この動きを体に覚えさせるには、

アクセルを開ける前に、つま先を下げる

アクセルを閉じる前に、踵を下げる

この動作を繰り返す練習をすること。


今回は、下流コースツーリングに行くことが多かったので

その道中(往復で30~40分)は、

オールスタンディングで、この練習をした。



怪我の後遺症が残る左足首が痛いけど

足腰を使いステップに乗る=スタンディングの要は、

「足首の動き」

それを実感した。



関連記事



  1. 無料アクセス解析