FC2ブログ

KLX125試乗(私情?)記録(ノーマル試乗編)

とりあえずノーマル試乗編。

先日のセッティング&ちょい乗り編から間が空いてしまったが
実は、少し悩んでた。

その悩みっていうのは、思いの外ノーマルKLX125が走ってくれたから。
ただ、その理由ってのが自分でもよく解らなくて書きあぐねてた。


まず走り出して感じたのは、やっぱりフロントサスの軟らかさ。
ちょっとしたギャップで底づきしてしまうし、深いギャップだと何処へ行くのか解らない(笑

でも、その軟らかさに慣れてしまうと
体重移動で、ある程度それを補えるようになった。


このバイクの乗り方の基本は「前乗り」

タンクの上に座り、ハンドルに覆い被さるようなポジションで
フロントタイヤに上半身の体重を乗せ、下半身の体重をステップで受け止められるようにする。

こうすると、よく曲がってくれるし、ギャップでハンドルも振られ難くなる。


この時、フロントサスは動きに動いているが
その限界を越えそうになったら、体重を後ろに移動してフロントの荷重を抜いてやる。

その繰り返しをしていたら、けっこう荒れた路面でも3速全開まで行けた。


その要因は、フレーム剛性の高さ。
(メインフレームが2本の「ペリメターフレーム」)

ホイールサイズが小さくサスストロークが少ないので、飛ばすと当然振られるが
最後に、ガシッっとフレームが受け止めてくれる。

だから、前記の様な補正が効くのである。

(これが、同じ様なホイールサイズと車格を持つCRF100あたりだとこうはいかない。
ハンドルが振られると同時に、低い剛性のフレームまで捩れてしまい
収拾がつかなくなるからである(^_^;))


コースでは、予想通りダメダメ(笑
(モトクロスコース(下流コース)&エンデューロコース(Mコース))

下流コースではジャンプなんて飛ぶ気にならないし
Mコースではギア比が全然合わないしギャップで振られまくり。

この辺りの改善が、次のカスタム編に続く。



関連記事



  1. 無料アクセス解析