IRC TR011ツーリスト(トライアルタイヤ)

500x280-2010042300116.jpg
CA360772.jpg
CA360109_201607051516482e0.jpg


IRC TR011 ツーリスト


フロント単品
2.75-21 チューブ
販売価格 6540円

リア単品
4.00-18 チューブレス
販売価格 8727円

前後セット
販売価格 14767円
(単品価格より500円もお得です!)


モトクロス強化リムバンドも1本399円で販売しています。

(ご注文時にショッピングカートの備考欄でご指定ください)


更に!

今なら、メインジェット等の小物整理に便利なパーツケースのおまけ付き!

(1本であれば1個。前後セットなら2個プレゼントします!)

(数に限りがありますので、お早めにどうぞ)


※表示価格はフロント単品となります。

リア単品、前後セットの価格は上記となります。

ご注文時にご選択ください。




ヤマハの公道用トライアル車である、TY250Zスコティッシュ純正として開発されたタイヤです。

●チューブレスタイヤですが、チューブを入れれば他車種にも使えます。

●公道用タイヤなので、舗装路を経由した林道ツーリング等でも安心して使えます。


TL125/TLR200/TLR250R/TY250Zスコティッシュ/等のトライアル車の他にも、

XLR250/XR250/CRM250/CRF250X/WR250F/WR250R/TT250R/セロー250/ジェベル250

DR250/RMX250/KLX250/KTM125/200/250EXC/ガスガス/ハスクバーナ/等の、

トレール/エンデューロ車に装着可能です。

(車種によって小加工が必要な場合もあります)



トレール/エンデューロ車にトライアルタイヤを履かせる場合には

下記の部品/用品が必要となります。

※いずれも、単品販売より割安になっています。


○ビードストッパー

ビード落ちやリムずれを防ぐために必要です。

(フロントに1個、リアに2個装着します)

特に、リアは重要です。

これは経験しなければわからないことなのですが・・・

トライアルタイヤは、サイドウオールが軟らかいため

パンクするとタイヤが折り畳まれたような状態になります。

これはすなわち、リムからタイヤが外れ易いということも意味します。

その時にビードストッパーが2個ならば、なんとか自走が可能なのですが

1個では不可能になってしまいます。

ビードストッパーの2個着けには、そういった保険の意味もあるのです。

ダンロップ製ビードストッパーを1個1499円、2個セット2749円、3個セット4248円で販売しています。


○低圧エアゲージ

トライアルタイヤの標準空気圧は0.3~0.4で、

トレールに履かせる場合でも0.4~0.7にします。

(ここまで低圧にしないと、タイヤ本来の性能を発揮しません)

これには、トライアルタイヤ専用の低圧エアゲージが必要です。

お勧めの、エトス究極エアゲージを2749円で販売しています。


○ハードチューブ(競技用強化チューブ)

トライアルタイヤは低圧にするため、パンクの危険性が増えます。

その危険性を減らすため、ハードチューブが必要です。

特にリアは、タイヤサイズが太くなるため

ノーマルよりも1~2サイズ太いチューブが必要になります。

(サイズの細いノーマルチューブを使うと、面圧が上がらないため

組み付け時にビードが出なかったり、走行中にビード落ちします)

1本2489円、前後セット4978円で販売しています。


また、セロー225/SL230/XR230/CRF230/ジェベル200/スーパーシェルパ等にも装着可能ですが、

スイングアームとのクリアランスが狭いため、

チェーン延長やスプロケットを小さい物へ変更等が必要です。


※セロー225に関しては

RKチェーンリンク売りで、チェーン延長(2リンク)に対応。

13Tスプロケットで、フロントスプロケットの変更(15丁→13丁)に対応。

(どちらかの変更で装着できます)



<インプレッション>


セロー225/WR250Fに履かせて乗っています。



主に、河川敷のコースやゲロアタックで使っていますが

ガレ場(石の多い場所)や木の根では、異次元のグリップ力を発揮します。


ヒルクライム等でも

自分が上手くなったんじゃないか?と錯覚するぐらい上るようになります(笑


スピードを出しても、そのグリップ力は変わらず

バイクを寝かしても、意外なほど滑りません。


中級程度のレベルまでの人なら

必ず上手く速く走れるようになってしまう、魔法のアイテムです(笑



また、

滑らないということは、地面を無駄に掘り返さないということでもあるので

自然に対してもローインパクトです。


林道やアタックをメインにオフロードを走っている方には、最適なタイヤです。



気になるタイヤの減りも、モトクロス/エンデューロタイヤに比べて遅いようです。

これは、走る場所/空気圧/走り方によりますが

一つだけ共通しているのは、ブロックの角が丸くなっても、さほどグリップ力が落ちないということです。

(モトクロス/エンデューロタイヤは、ブロックの角が丸くなると格段にグリップ力が落ちます)



トライアルタイヤはトライアル専用という先入観がありますが

トレールでのゲロアタックはもちろん、スピードの出るエンデューロでも使えます。

(実際に、最近のエンデューロレースではトライアルタイヤの装着率が上がっています)


ぜひ、トライアルタイヤが持つ異次元のグリップ力をお試し下さい^^




ご注文は、下記のショッピングカートからどうぞ^^
http://ghostgarage.cart.fc2.com/



関連記事



  1. 無料アクセス解析