タンクライナーの裏技的使い方!

<タンクライナーの裏技的使い方!>


錆が酷いと、錆取りで穴が開いてしまうので

錆の上から直接コーティングしてしまうというイレギュラーな使い方もします。


油分除去後、エアコンプレッサーで表面の錆を埃にして飛ばし、その上でコーティングしています。

(浮いた錆があると、錆ごと剥がれてしまうので)


エアコンプレッサーが無くても、鎖(くさり)をタンクに入れて振って浮いた錆を取り、水洗いすればOKです。

(ボルトやナットを入れると後で取れなくなってしまうので、あくまで「鎖」です)

(同時に、水とママレモン等の台所用中性洗剤を入れて振ると、油分も取れて一石二鳥です)

(ケルヒャー等の電動式高圧洗浄機でも、けっこうサビは落とせます)


また、水洗い後は完全乾燥させなければいけませんが、それにも裏技があります。

本来はアセトンというシンナーの一種を使いますが

入手が難しく量も多すぎるので、カー用品店やホームセンターで売っているガソリンタンクの水抜き剤を使います。

その名の通り、水と混ざり合って水分を吸収してくれるので、直ぐに乾いてコーティングの作業に入れます。


更に、「ピンホールや穴が開いて補修した部分に、液を偏らせて厚みを出す」ということも

2液性のタンクライナーならではの裏技です。


説明書には、余剰分は抜き切るようにとありますが

実際に使ってみると、抜いて放置していた分の液は、どんなに厚みがあっても完全硬化しています。


これは先に書いたように、主剤と硬化剤を混ぜる2液性であるからで

1液性のコーティング剤では成し得ないことです。

(シンナーが揮発することによって乾く1液性のラッカー塗料と、化学反応で硬化する2液性のウレタン塗料の違いのようなものです)


通常の使用方法では、1セットで20Lのタンクまで施工できます。

これもイレギュラーな使い方ですが・・・

下準備を終わらせたタンクを並べて置いて、一度タンク内をくぐらせた液を一気に使い回せば

モンキークラスのタンクなら3個、それ以上のクラスでも2個は施工できたりします。



ご注文は、下記のショッピングカートからどうぞ^^
http://ghostgarage.cart.fc2.com/



関連記事



  1. 無料アクセス解析