完全ストリクトなダンベルアームカールの続き。

腱と靭帯について調べてみたけど、

やっぱり、殆ど情報はない。


あるとすれば、

腱や靭帯は単独で鍛えられないということか、食事に関してのことだけ。



自分でも、なんとなくそう思う。

靭帯は置いといて・・・、腱というのは筋肉と一体になっているもの

だから、筋肉量が増えれば腱もそれと共に強くなる。


ボディビルで、上腕二頭筋を発達させる場合のポイントは・・・

小さい筋肉である、

よって、高重量よりも高回数。


これを続けて、ある程度の筋肉量まで行けば

自ずと腱も強くなっているはず。


「腱や靭帯を強くするため」

「上腕二頭筋が発達する人は、腱や靭帯が強いから」

「チーティングを使うのは、その後の話」

というのは、そういうことじゃないかと思う。



ここからは、実践

というか、人体実験(笑)


ウチに、0.7キロのダンベルと1.25キロ/2.5キロのプレートが2枚ずつあるので

暇があれば完全ストリクトなアームカールをやって、

いつもパンプさせてる状態を続けてみようかと思う。



関連記事



  1. 無料アクセス解析