アドバイスしてて、思うこと。

先日の日曜は、相模川でアドバイスしてきた。
その時に思ったこと。


スタートして直ぐに、ハンドルを切って左ターンする状況。
そこで、アドバイスしてる人が二人とも上手く曲がれずにアウトへ膨らんでいく。

それは何故なんだろう?、と見ていたら
あることに気付いた。


バイクというのは、ハンドルを切ると路面の抵抗で失速する。
(極端に言うと、ハンドルを切った状態じゃ真っ直ぐ進まないってこと)

なので、多めにアクセルを開けないとエンストしてしまうわけだが
他に何もしないと、バイクが進み過ぎてしまう。

これが、アウトへ膨らんでしまう原因。


そこで対策。

バイクが進み過ぎてしまうなら、それを抑える操作をすればいい。

スタートする前に、リアブレーキを踏み
アクセルを開け、クラッチを繋ぐと伴にリアブレーキを緩めていく。


この時のポイントは、
アクセルを多めに開けてパワーを出し、それをリアブレーキでコントロールすること。

つまり、リアブレーキをパワー抑制装置として使うのである。


こんなことは、中級以上なら当たり前にやってることだけど
初級者の人は当たり前に出来ない。

更に、最も簡単なスタートで出来ないんだから
走行中に出来るはずもない(^-^;


多分だけど・・・

何年経っても中級に上がれないような人は、
こういった簡単なことに、自分で気付くことが出来ないんじゃないかと。


それをアドバイスしてあげるのが、自分の役目じゃないかと思った。



関連記事



  1. 無料アクセス解析