FC2ブログ

マシンセッティングの本質(その3)

こちらの続き。

マシンセッティングの本質(その2)
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2675.html


ということで。
リアサスもシートもノーマルの方が良かった、という残念な結果に(^-^;


ちなみに。
自分のセローも色々と弄ってはあるが、基本部分のパーツは変えていない。

CA3I3665.jpg

詳しくは、こちら。
セロー225W(4JG2)お山スペシャル
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2184.html



何故に、基本部分のパーツを変えないのかと言うと
間違いなくバランスが崩れるから。


ノーマルっていうのは、誰が乗っても違和感がない。
それは、メーカーが時間とお金を掛けて作り出した
最高のバランスだから。

それを崩せば、バランスを取り直さなければならないのは当然のことだし
特性や乗り方も変わる。

サスを変えれば、前後バランス
タンクやシートを変えれば、ポジション
マフラーやキャブを変えれば、エンジン特性
etc・・・


この、バランスのポイントは
乗って楽しいか否か。

難しく考える必要はない。


バランスの取れているバイクっていうのは、
間違いなく、乗って楽しい。

ストレートでアクセルを開ける気になるし、
ブレーキングで前後サスが均等に沈むし、
コーナーで寝てくれるし、
クリッピングでハンドルが切れてくれるし、
立ち上がりで戻ってくれる。

そして何より・・・
コントロールが効いて、意のままに操れる。



それは、トレールの様にパーツを変えることのないレーサーでも同じ。

この場合は、サスのバネやダンパーの前後バランスがポイント。


なので、どちらかと言うとサグ出しには否定的。
(リアのみのケース)

体重が、標準よりもかなり軽いとか重い場合は別だが
後ろだけ変えたら、前後バランスが崩れるのは当然。

フロントもやらなければ、バランスが取れるはずがないからである。



ただ・・・(笑)

全てはフィーリングなので、ここが難しい。

色々と書いたが、初心者や初級者には無理(^-^;


その理由は、経験が少ないから。

自分が、ある程度乗って楽しいか否かを判断できるのも
何百台という試乗の経験があるからで、特別なことじゃない。


自分で所有するバイクの数には限界がある。
なので、機会があれば人のバイクに乗せてもらうこと。

遠慮してたら、経験は増やせないし
いつまで経っても、セッティングの本質は理解できない。



「中級に上がれる人は、積極的」

この言葉は、ここでも当て嵌まるのである。



つづく



関連記事



  1. 無料アクセス解析