FC2ブログ

鍛錬マッスルラインを、約1ヵ月使ってみての感想(「受ける、受ける、受ける」&筋トレ開始から、2年と3ヵ月)

先に、「ゴールドジムに通ってた頃よりも、早いペースでデカくなってる」なんてことを書いたが
それには、マシンの違い以外にも理由があると思う。


それは、この時のリアル筋力無料セミナーでのこと。
http://ghost42.blog21.fc2.com/blog-entry-2756.html

大岡さんが、セミナー終了後にマッスルラインの使い方を説明してくれたんだけど
補助をしながら、「受ける、受ける、受ける」と繰り返し言ってた。

これは、重りを戻す時(いわゆるネガティブ)で粘るってことだが
フリーウエイトのリアル筋力を実践してきた身からすると、???って感じだった。

何故なら、
フリーウエイトのリアル筋力における定義は、最大筋力位での静止であり
ネガティブでの負荷は、ボディービル系筋トレのテクニックだからである。


だが、その疑念は直ぐに晴れた。

他には何も意識せず、受けることを繰り返していると
軽い重りでも、これまでとは全く違うように効く。


その理由は、
マッスルラインというマシンが、最大筋力位の範囲でしか動かないように設計されているからだと思う。

つまり、
同じネガティブの負荷でも、全く質の違うものであり
「自然に、最大筋力位で重さを受けることが出来る」ということ。


その時に、
何故に、フリーウエイトのリアル筋力では筋肥大しなかったのかということが解った。


頭では、最大筋力位で重さを受けるということを理解していても
体が付いてこなかった。

具体的に書くと、足腰の強さ。


当然だが、
フリーウエイトだと、軌道が不安定になるし体を支えるものが殆どない。

なので、それを補うのに足腰の筋力を使うが
目的の筋肉に重さを乗せようとしても、先に足腰が負けてしまっていたのである。


これは、マッスルラインを使い込んで更に実感した。

なので、最近は腰の強化のためにデッドリフトなども始めたが
それには、イージーマッスルデッドが役立ってる。


足は、まだまだだが
それも、時が来ればやる気になるだろう(^-^;

筋トレ開始から、2年と3ヵ月。
このマッスルラインとの再会が、大きなターニングポイントとなる気がする。



関連記事



  1. 無料アクセス解析