FC2ブログ

WR250F用「秘密兵器」装着

昨日の日記に書いたWR250F用「秘密兵器」を装着しました。

こんな感じや
CA281516.jpg

こんな感じで
CA281522.jpg

えっ、それじゃわかんねえ?

ははは

じゃあ改めてこれです
CA281511.jpg

これでも説明しないとわかんないですよね(^^;


WRのウィークポイントは幾つかあって、このパーツはそのうちの2点を解消してくれるものです。

まずは「クラッチが重い!」

前に乗ってたCRM250もノーマルだと重かったんですが、それよりも重いです(T_T)

まあ、あんまりクラッチを使わないようにすればいいんですが、私はガンガンにクラッチを使う走りが好きなので、どうにかならないかと思っていました。

そこでCRM250に装着して良かったD○Cの○ルトラ○イトクラッチ(写真)をつけようとしたんですが、WRはレバーホルダー部分のアジャスターが特殊なタイプでつきませんでした。
CA280237.jpg

そこで見つけたのがこれです。
CA281512.jpg

ぶっちゃけD○Cの○ルトラ○イトクラッチと機構は同じです。

D○Cのショートレバーをベースにして、通常のタイコがはまる穴を内側にずらして開け直したもので、お値段はレバー代込みで2980円です。


装着した感じは○ルトラ○イトクラッチと同様、ちゃんと軽くなります。
(操作感が変わるので敬遠する人もいるようですが、私は気になりません)

ついでにクラッチワイヤー(1743円)とガタの出ていたレバーホルダー(850円)も交換したので操作感も良くなりました。

CRMの時もそうだったのですが、古いワイヤーは油を注しても完全に元通りの軽さにはなりません。

そんなに高いものではないので、ある程度使ってクラッチが重いなと感じたらスパッと新品に交換してしまう方が結果的にお得です。



もう一つのアイテムはFCRキャブのダイヤフラムカバーで、左が純正、右が加工品です。
CA281518.jpg

ぶっちゃけ○イセンの○イック○ョットと機構は同じです。

WRのウィークポイントの一つとして低速走行をしている時にスポンとエンストすることがあるんですが、その改善のために装着しました。

装着後にエンジンを掛けて直ぐに気付いたのはアクセルレスポンスの向上?です。

向上?というのは、私のWRの場合なぜかエンジンが暖まるまでかなりの時間アクセルレスポンスが悪く、チョークを引いていないと止まってしまっていたからです。

それが装着後は直ぐにエンジン回転がアクセルについてくるようになっていて、そのまま走行しても大丈夫でした。

まあ、これはエンジンが冷えている状態で何回か試してみないとという感じですが。

次に走行した感じですが、これは明らかに低速トルクが出ています。

試運転したウチの駐車場は砂利敷きなので、いつも出来るだけタイヤの跡がつかないようにそろそろと走っているんですが、いつもと同じようにアクセルを開けたら、思ったよりトルクが出ていたので地面を掘ってしまって焦りました(^^;


で、肝心のエンストの改善なんですが・・・

調子に乗って駐車場でグルグル回っていたら、スポンとエンストしてコケました(^^;

まあ、これが○イセンの○イック○ョットをつけたからといって完全にエンストは無くならないでしょうし、お値段(○イセンの○イック○ョットの三分の一ほどで5980円)が安いので納得かな?と思います。
(純正のダイヤフラムカバー代〔1607円〕込みの値段です)

ちなみにこのパーツは純正でFCRキャブの付いているYZ250F/RMZ250/KX250F等の4ストレーサーにも装着でき、同様の効果が得られます。


上記2点のパーツは当店で扱ってますので、欲しい方がいらっしゃればこちらのショッピングカートかメールでご注文下さい。

全国どこでも送料無料でお送りできます^^


走行インプレはこちら




関連記事



  1. 無料アクセス解析