ブレーキは直ぐに効かない。

一昨日のミーティングでのこと。

走りに行ったテンションのまま集合場所に帰ってきて、けっこう速いスピードからフルブレーキングしたら・・・

「おわーっ!フロントブレーキ効き過ぎー!」

でフロントが滑ってコケそうになりました。


さて、何ででしょう?


第一の原因は、前にコケた時にレバーの付け根が曲がり、動きが渋くなっててちゃんと戻らなかったから。(ただの整備不良ですが(^^;


そして第二の原因。(というか気付いたこと)

自分ではこのぐらいの握りこみで止まれるなと思ったところから更にブレーキが効いたんです。

(レバーの戻りが良ければ無意識の内に解除してると思います)


ブレーキというのは運動エネルギーを熱エネルギーに変換することで制動力が発生しますが、急制動した場合には掛け始めてから熱が発生するまでにタイムラグがあるので直ぐには効かなかったんです。

(グ、グ、グイーっていう感じで制動力が増していきました)


これは「ブレーキをこするように掛けていると制動力が増してくる」ということと同じです。

(こすっている内に熱が上がって制動力が増すんですね)


私は整備不良のお陰で?それを極限状態の中で体験したということです(^^;

(今なら私と同じ体験ができますので、ご希望の方はどうぞ(笑



関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://ghost42.blog21.fc2.com/tb.php/842-36651adc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  1. 無料アクセス解析