FC2ブログ

これが出来なければ始まらない!?

「身体を腰から曲げるのではなく、足の付け根から曲げる」
これは以前にも書きましたが、基本中の基本で、いちばん大切な事です。

なぜ大切なのかと言うと、身体を腰から曲げている限り、他の事を練習しても上達出来ないからです。
(上級者は、まず間違いなく身体を足の付け根から曲げる事ができています)

そして、身体を腰から曲げる習慣が付いてしまっている人には、何よりも難しい事であるのです・・・
(私がベストテクを知りながら上達できなかった原因でもあります)

今回はこれを、もっとわかりやすく説明します。

・・・・

腰から曲がった状態(骨盤が寝ている)
CA280159.jpg



足の付け根から曲がった状態(骨盤が起きている)
CA280160.jpg



私の場合、自分では足の付け根から身体を曲げているつもりでも、走り出すと腰から身体が曲がった状態になってしまっていました。

これに気が付いたのは、コーナリングの時でした。
曲がりたいのに曲がれないのです・・・

なぜ曲がれなかったのか?

それは自分でハンドルを引っ張っていたからです(^^;

気が付けば簡単な事なのですが、腰から身体が曲がった状態だと、バイクよりも身体が遅れてしまい、ハンドルを引っ張ってしまうので、ハンドルを切る事が出来なかったのです。

・・・・

これを防止するのに良い方法が、足の付け根から身体を曲げると考えるよりも「骨盤を起こす」と考える事です。
(おへその下あたりを前に出す感じでしょうか)

そうすると、自然に背筋も伸びて、きちんと身体が足の付け根から曲がるようになります。

まずは、ここからです。
この状態を走行中いつでもキープ出来る様に練習して下さい。

「骨盤を起こす」「骨盤を起こす」と唱えながら・・・(笑
関連記事


コメント
「骨盤を起こす」「骨盤を起こす」「骨盤を起こす」「骨盤を起こす」「骨盤を起こす」「骨盤を起こす」「骨ば、おこ・・・」(_ _)Zzz
2005/12/28(水) 02:54 | URL | (-_-)| #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://ghost42.blog21.fc2.com/tb.php/89-a7f4957c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  1. 無料アクセス解析