FC2ブログ

続オフロードを走る上で一番最初に必要なこと。

なんとな~く書いたものなんで曖昧な表現になっててすんません(^^;

あの文章の意図するところは「練習会で、どうやってテクニックをアドバイスしたら最良なのか?」っていうことなんです。


人によって素質/環境/経験でスタートラインが変わってきますが、そこで自分を基準に考えてしまうと、どうしても無理が出てきます。


今までの私は、数年前テクニックに目覚めた頃の自分を基準にしていました。

でも、そこまで及ばない人もいる。
(その時の私のレベル以上の人がいるのはもちろんですが)

本当はその人達のことを基準にして考えなければいけないのではないかと思うんです。


私の主催する練習会に来てもらう人には「バイクに乗るのって楽しいんだな!」って思って帰って欲しい。

そんな思いでやっていても、来ている人からしたら「難しくてよく分からない・・・」とか「難しくて出来ない・・・」と思われているんじゃないかと・・・



それがあの文になったんですが、本当のタイトルは「アドバイスする自分に足りないもの」だったのかもしれません(^^;






オフロードを走る上で一番最初に必要なこと。

最近はこの答えを探してます。



自分が色々なことを体験することによってそれが見えてくる。

忘れていたことを思い出す。

相手の気持ちになって考えられるようになる。



自分が成長するにつれて、その答えが見えてきています。





オフテク用語解説集

注)この用語は、私がテクニック解説やアドバイスするための専門用語です。
(一般には使わない言葉も含まれていますし、ブログで書いていない言葉もあります)
(私の覚書を兼ねていますので、テクニック解説やアドバイス方法の進化により随時加筆修正されます)



『理論練習』(調べる・考える)
先人の話を聞く・読む・分析する。
先人や他人の走りを見る・分析する。
自分の走りを先人や他人と比較する。
知識

『イメージ練習』(進入・ターン・加速、オーバル走行、コブの通過、走行意識等)
理論で得た知識を実際の走行で体に覚えさせる。
基本

『実践練習』(クロカン・周回コース・レース等)
イメージ練習で体に覚えさせたフォーム・体の使い方・操作方法・走行意識等をクロカン・周回コース・レース等の走行で実践する。
応用

『走行意識』
次の動作ではなく、今やっている動作のことを考える。
目線は近く。
先を見ると、今やっている動作が疎かになる。
動作を体が覚えれば意識しなくてもよくなるので先を見られるようになる。

『Dコーナリング』
アルファベットのDの形を模したコーナリング方法。
オーバル練習をする時に、Rのついた部分を進入。直線部分を加速。その接点をターンと仮定する。
(この場合は左ターン)
=スイカ切りコーナリング

『コーナリング』
進入→ターン→加速をまとめたもの。
(一般的には曲がること)

『進入→ターン→加速』
コーナリングを3つのパートに分解したもの。
コーナリングは「進入・ターン・加速という独立した動きをまとめたものである」という意識を体に覚えさせるためのもの。

『オーバル練習』
進入→ターン→加速を効率よく練習する方法。
スピードを出す事ではなく、一つひとつの動作を確実にこなす事を考えながら走る。
この練習の主旨は「進入・ターン・加速」の境をはっきりとさせること。
(走りにメリハリをつけること)
スピードが速くても、それは評価に値しない。

『進入』
コーナーへの突っ込み。
ターンポイントまで直線的に入る。
ターンするための速度調整であり、ブレーキングという意識は持たない。
ターン直前に失速状態になるようにスピードを調整する。
前後ブレーキをこするように使う。
リアブレーキを一瞬早く掛ける。
前後サスを均等に沈める。
メインで使うのはフロントブレーキ。

『ターン』
なるべく短い距離(一車身)で車体の向きを変える。
この時は失速状態。
(一般的には回転すること・向きを変えること)

『ハンドルを戻す』
ターンで切ったハンドルを意識的に直進状態に戻す。

『加速』
ターン終了後、車体を完全に立ててから加速する。

『ターンポイント』
コーナーの半分よりも更に奥にとる。
進入スピードをこのターンポイントまで持続させる。
(アクセルを開け足さないで済むように速度調整をする)

『スイカ切りコーナリング』
楕円のスイカを縦に切り、断面を横から見た図の形を模したコーナリング方法。
オーバル練習をする時に、Rのついた部分を進入。直線部分を加速。その接点をターンと仮定する。
=Dコーナリング

『クイックターン』
Dコーナリング、スイカ切りコーナリングの別称。
「ターン=車体の向き変え」を一車身で終らせることからついた別称。
リアタイヤを滑らせて向きを変えるブレーキターンやアクセルターンとは異なるもの。

理論・イメージ・実践

テクニックの向上を目指す時にどんな練習が必要になってくるのか?

私の体験を元にまとめてみました。


理論練習(調べる・考える)

先人の話を聞く・読む・分析する。

先人や他人の走りを見る・分析する。

自分の走りを先人や他人と比較する。

知識


イメージ練習(進入・ターン・加速、オーバル走行、コブの通過、走行意識等)

理論で得た知識を実際の走行で体に覚えさせる。

基本


実践練習(クロカン・周回コース・レース等)

イメージ練習で体に覚えさせたフォーム・体の使い方・操作方法・走行意識等をクロカン・周回コース・レース等の走行で実践する。

応用



練習方法を大きく分けると上記の3つになります。

これらをローテーションしながら練習していきますが、重要なのはバランスです。

最初は理論練習の占める割合が多く、イメージ練習→実践練習の順で割合が少なくなります。

技術が向上してくるに従って徐々に割合が変化し、最終的には実践練習→イメージ練習→理論練習の順になります。




ステファンエバーツの不思議

EVERの続きです。
みなさんコメントありがとうございます。


さて、私がこの写真を見て不思議だと思った訳ですが・・・
CA281689.jpg

みなさんのコメントは全て正解です。
(合成写真ではありませんが(^^;)

特にwhitebleachさんの分析力には驚きました。

>他の人はほぼコースのカーブ通りに(たぶん駆動力をかけながら)大きく回っている。エバーツはコーナーのかなり奥(と思われる)にクリッピングを取ってそこから鋭角に立ち上がっていると思しき、他の人の円弧状の轍を斜めに切るような直線的なライン…。

私もその通りだと思います。

キシザワさんの書かれたように

>こんにちは、確かに合成っぽくみえますが、エバーツがだんとつで速いので望遠レンズで不思議な遠近感がでてるんですね~エバーツ、まだまだ現役で頑張れましたね。

この写真が撮られたのは2001年ですが、エバーツだけが別格だったんですね。


上記に関連するんですが、私が本当に不思議だと思ったのはエバーツのフォームです。
(こちらもwhitebleachさんいいとこついてます)

背景があると惑わされてしまうので、写真を切り抜いてみました。
e.jpg

どう見ても、ルーストを上げてリアをスライドさせているフォームには見えないんです。
(なんか力が抜けててやる気がなさそうです(笑)

路面がフラットとはいえ、MX450の全開です・・・


「このフォームで何であの走りが出来るのか?」


これはベストテクスクールに行って、実際に渡辺さんの走りを見た時と同じ感覚でした。

渡辺さんが走るとスライドすることなくスムーズで路面状況が良く思えるのに、自分が走ってみるとアクセルをほんのちょっとラフに開けただけでスライドしてしまう。


全然速そうに見えないのに実際は速い。

それがこの二人に共通しているものです。


それと細かい所で私が注目したのは爪先の角度です。

左の#2の選手は両足とも外側を向いてしまっていますが、エバーツは両足とも進行方向に向けられています。
(写真では切れてしまっていますが、右の#1の選手の爪先も外を向いています)


この件については只今解析中です。

追ってご報告します^^






EVER

CA281688.jpg

EVERとは、カメラマン佐藤敏光氏が撮影したステファンエバーツの写真集です。
(SOBMメンバーのutsumimさんからお借りしました。ありがとうございます^^)


どれも良い写真なのですが、その中でもいちばん印象に残っているものがこれです。
CA281689.jpg

不思議です(笑


さて・・・

何が不思議なんでしょう?




レースで得られるもの

先日は13年ぶりのレースに出てきました。
(といってもレベルの高くない草エンデューロレースですが(^^;)

このレースに出ることによって、私が得たものを書いてみようと思います。


「楽しい」

これは当たり前ですね。

楽しくなくちゃ出る意味がありません。

仲間が集まって準備段階からワイワイガヤガヤとレースを楽しむ。

レースに出なくても、応援したり写真を撮ったりバーベキューに参加するだけでも楽しめます。

同じチームの人が走っていて、その仲間として参加しているということが楽しいんです。


「スタート前の高揚感」

横1列で並ぶスプリントレースの方が高揚感は上ですが、エンデューロでもどんな草レースでも高揚感は味わえます。

速い人も遅い人もスタートラインではヒーロー(笑

スタートが近づくにつれて高くなる排気音。

それは音の渦。

地鳴りのように腹の底まで響き渡ります。

この高揚感は日常生活では得られない特殊なものです。


アドレナリンの分泌とは対称に落ち着く心。

この13年が無駄ではなかったと感じた瞬間でした。


「仲間とバトル」

残念ながら今回は殆ど絡めませんでしたが、普段は体験出来ない全開フィールドで仲間と速さや順位を競い合うのは楽しいです。


「抜きつ抜かれつ」

レースでは色々なレベルの人がいます。

自分より遅い人も速い人も・・・

遅い人を抜く時にはラインを変えたり、立ち上がりや突っ込みで相手より早く加速したり遅く減速したり。


速い人に抜かれた時は、更に勉強のチャンスです。

自分の限界を少し超えた所で後ろに付いていってみる。
(この少しと言う所がポイントです。越え過ぎるとぶっ飛びます(^^;)

自分とのフォームの違い。

ライン取り。

シッティングやスタンディングするポイント。

加速タイミング・減速タイミング。

スピード差・・・

自分の限界が明確になり、苦手な部分の練習になります。


「充実感」

普段の練習では30分以上走れないのに1時間走れました。

それも余裕を持って転ばずに。

今回はペアで出たので、次の人に確実にバイクを渡す事が最優先だったのが良かったのでしょう。

自分の限界を超えない事と体力の温存が出来た事が完走に繋がり、その充実感でいっぱいでした。


まとめ

レースには怪我の危険が伴いますが、それは自分の余裕の無さから生まれます。

「他人と競うことを楽しみ、内なる自分と戦う」

これが全てだと再確認しました。




練習方法

昨日の定例ミーティングでは、久々に上手い人達と一緒に走りました。

いつも先頭ばかりなので、今回は後ろについて前の人達の走りを観察させてもらいましたが、勉強になりました。


そのポイントを忘れないうちに書いておきます。


その1
自分の苦手な所を走れる。

自分が先頭だと、無意識の内に苦手な所を避けてしまうんですが、強制的に走らなければいけないので、苦手な所も練習できます。


その2
自分の苦手な場所が分かる。

先頭でも分かるんですが、その差をはっきりと見せ付けられるので、ポイントが明確になります。


その3
自分の走りとの違いが分かる。

簡単な所では、どこでスタンディングしてどこでシッティングしているか。
ラインの違い、アクセルを開けるタイミング、ブレーキングするタイミング等。
同じ走りを出来ないのは自分のレベルが低い所だということを認識できます。


コースを攻略するのではなく、一緒に走っている人の走りを攻略する。

それが一番のポイントです。




「見えなかったものが見える!聞こえなかったことが聞こえる!」

今日は先日のベストテクスクールの復習の意味で、ベストテクビデオを見てました。

最近は中級編、それも3を重点的に見ていたんですが、初心に帰って基礎編から。


そこでタイトルの「見えなかったものが見える!聞こえなかったことが聞こえる!」です。

これは以前から感じていたことなんですが、自分のテクニックレベルがUPしていくごとに、同じビデオでも見る場所が違ってきていたんです。


それが今回は更に進んでいて、渡辺さんが解説していることが手に取るように分かるようになっていました。

見ていても聞いていても、無意識の内に流してしまっていた部分。

それが理解できるようになっているんですね。


自分でも気付かぬうちに、また新たな壁を越えようとしているのかもしれません・・・



それともう一つ。

去年の10月に発案したという、新しいベストテクの指導方法(私の言う核心のテク)。

渡辺さんは、何年ベストテクを練習しても上手くなれないのはその意識が欠けているからだと言っていましたが、その訳もわかりました。


やはりここでは詳しくは書きませんが・・・

このビデオの中の昔の渡辺さんと先日のスクール中に生で見た渡辺さんのフォームや走りが変わらないということや。渡辺さんがランディーホーキンス、スティーブハッチ、果てはステファンエバーツ等のMX世界グランプリライダーと共通した意識を持って走っているということが見えるようになったからです。


まあ、それが理解できるようになったからといっても、体得できるということと話は違いますが・・・

少しはその世界に近づけたんじゃないかと思います(^^;






ベストテクスクール参加

突然ですけど・・・


ベストテクスクールに行きます!

日時はGW中の5/1(火)
(スクールは30~6までやってるんですが、中日の平日がいちばん空いてると思うんで)

一人で行く予定ですが、同乗者も募集中です。



テツゾウさんの日記を読み返していたら突然行きたくなっちゃいました・・・(^^;

12年ぶりですw



追記

昔もらったベストテクカードです。
CA281549.jpg

12年間大事に持ってました。
CA281550.jpg

7級です(笑
CA281551.jpg

これを持っていったら渡辺さんはどんな顔をするんでしょうか?
今から楽しみです^^



追記の追記

自分では意識していなかったんですが・・・
12年間も大事に持っていたということは、ベストテクが理解できるようになったらまた参加しようという潜在意識があったんでしょうね。

12年掛かりましたが、遂にその時が来たようです。



諦めなくて良かったw



追記の追記の追記

あっ、そういえば・・・この時にETCの初使用です。

こっちもちゃんとゲートが開くのか楽しみです^^



追記の追記の追記の追記

も一つそういえば・・・

上で12年掛かったって書いてますけど、ベストテクスクールへ最後に行った後のレースで骨を折ってから8年ほどのブランクがあるんで、実質は4年ぐらいです。

12年も掛かるんじゃ皆さんのヤル気がなくなっちゃいますよね(^^;




実践

テツゾウさんの日記に「練習会 第一回 シッティング加速について」がUPされましたが、練習してから改めて文章を読み直すと良く理解できますね。
(テツゾウさん、お忙しいところありがとうございます)

これを読んで思い出したのがオーバルコースでのラインの違いです。

みんなアウトに膨らんでいくのに私とまくすさんだけはイン側を立ち上がるんです。
(テツゾウさんも指摘してましたし、私が撮った写真を見ても違いがわかります)

ここだけ見れば、じゃあラインを変えればいいの?と思いがちですが、そんな単純なものではないんですよね。
私とまくすさんはストレートのスピードが速いにも拘らずイン側に付けるんです。

これが何を意味するかというと、確実にスピードが殺せているからです。

確実にスピードを殺すには、ブレーキングの前にテツゾウさんの言う何もしない区間(サスを落ち着かせてブレーキの効きを良くする区間)が必要になるんですが、これを作るには早めにアクセルを戻さなければならない。

早めにアクセルを戻すには出来るだけ早く車体を立てて加速したい。

となると、アウトに膨らんでいてはいつまでもバイクが寝ているので加速出来ないんです。


元に戻りましたね。


このように別々に見えても全ての動作は繋がっているんです。
(ベストテクで言う一連の波動というやつですか)

この他にフォームやアクセル・ブレーキ操作やライン取りなども絡んできますが、この全体的な流れを理解しない限り上手くは走れないわけです。



上記のようにテツゾウさんの日記を調べて、内容をよく考えて、次回の練習の時に試してみる

それを実践してください^^

調べること=考えること=試すこと

先日のベストテク練習会についての感想では切り捨ててしまいましたが、改めて思うことがあるので書いておきます。

あれは私がライテクに開眼してから、色んな人を見てきた経験によるものなんです。

それはスクールやミーティングに限らず、ネット上のことや一般生活でも同じことです。

例えば私がHPで運営している掲示板。

最初のうちはどんな質問にも答えていたんですが、そのうち嫌気が差して答えなくなってしまいました。

それは何故か?

検索や同じ掲示板の過去ログで調べればすぐにわかる質問ばかりだったからです。

私も質問があった時には確認の意味で検索を掛けたりするんですが、質問に書かれている語句をそのまま検索に掛けると、そこにちゃんと答えがあったり、以前に答えていることだったりするんです。

すなわち、その質問をしてくる人は自分で調べていないということですよね。


当然ですが、質問をするのは悪いことではありません。

ですが、その質問の中身が大切なんです。

例えば私の基礎練習会なら、ブログに「オフロードテクニックに関するコラム」があるわけですから、それを熟読してから参加する。

そして実際に話を聞いたり練習してみたりしてもわからない所があった時に初めて質問をする。

それをせずに参加したり質問するということは、先の掲示板の話と同じことです。


教えてもらえる環境があるからそれに甘えてしまうんです。

誰にも教えてもらえなければ自分で調べて考えて試すしか方法が無い。

その姿勢と考え方と行動が大切なんです。




人それぞれスタートラインが違います。

上達するスピードも違います。

だから少しずつでもいいんです。



少しずつでも確実に上達している人には必ず共通していることがあります。

それがタイトルの調べること=考えること=試すことを実践しているということです。


以上を要約すると。

「上手くなる人は、ただ質問をするだけではなく、自分で調べて考えて試して道を切り開きます。

人に聞くだけで自分で調べて考えて試そうとしない人は、いつまで経っても下手なままです。

こう言い切れるのは、それが自分の通ってきた道。すなわち自分が経験してきたことだからです。

私はそうやって壁を越えてきましたし、これからも越えていきます。」


となります。




またキツイ書き方になってしまいましたが、これはみんなにもっと上手くなってもっと楽しくバイクに乗れるようになって欲しいという願いからです。

そうでなければこんな嫌われるようなことは書きません。


私の気持ちがわかって頂けることを願います。




ベストテク練習会についての感想

む~ん。
書きますと書いたものの、書くのが難しいです・・・

まあ、あんまり体裁よく書こうとすると混乱するんでありのままでいきますわw



参加者の方の殆どが、私の主催していた基礎練習会に参加されていたり、テクニックを参考にして頂いている方でしたが、こんな疑問を持たれたのではないでしょうか?

「アドバイスに違う部分があるけど、どちらが正解?」


それはシッティングで座る位置と腕の高さです。

私は「前乗りでヒジを上げる」

テツゾウさんは「後乗りでヒジを下げる(絞る)」

完全に逆ですw

(テツゾウさんのフォームから混乱することを予想していましたが、現場で口を挟むと更に混乱するので、あえて口出しはしませんでした)

注)ここで誤解されては困るので書いておきますが、この2点以外のフォームの作り方や走り方等のアドバイスは、言葉さえ違えど私がアドバイスしていることと同じ事です。
(腕を絞ってヒジの関節を固定し、腕にダンパー効果を持たせるという動作も腕を上げた状態でやっています)



さて


いったいどちらが正解なのか?


私の口からは言いにくいんですが・・・・










































両方とも正解です(わはははw

ここでも書いたように私とテツゾウさんはベストテクをテクニックの基礎とするところで共通していますが、走る場所やテクニックを修得してきた過程が違います。


この違いが前述のシッティングで座る位置と腕の高さに現れるんです。



私は初期のベストテクと、それ以外のライテク(例えばランディーホ-キンスを始めとするエンデューロ系やトライアル系)を参考にして、路面変化が多く、整備されていない河原のコースを主に走っています。

対してテツゾウさんは現在進行形のベストテクを参考にして、路面変化が少なく整備されたモトクロスコースを主に走っています。

実際に一緒に走ったりテツゾウさんが走るのを見た経験でも、私は路面状況が悪く狭い林間コースやガレ場が得意で、テツゾウさんは路面状況が良く広くてジャンプのあるコースが得意です。


この違いが顕著に出たのが、ヌタヌタツルツルで最悪のコンディションだったモトパーク勝沼での走行です。

これはテツゾウさんも言っていましたが、私が普通に走れる所で何故かテツゾウさんは苦戦しているんです。

勝沼特有のスケートリンクみたいにツルツルのところや霜でグチャグチャのところでリアが流れて横を向いてしまうんですね。

私はそんなところばかり走っているんで、ヒジを上げてバイクを体の下で遊ばせるようにして前後タイヤのトラクションが一定になるように前乗りにするんですが、テツゾウさんの走りを見ていたらヒジが下がっているために体が固定され、後乗りでリアに荷重が掛かりすぎてトラクションを失っている状態でした。

そうなってしまったら、もういくらアクセルを開けてもリアタイヤは横を向くばかりで前には進めません。


それと、テクニックを修得してきた過程についてですが、テツゾウさんからベストテクのアドバイス方法は年々進化していて、自分のフォームはその極端な例かもしれないというニュアンスのことを聞きました。

このテツゾウさんのフォームに関しては、私も初めてテツゾウさんと会った時から感じていたんですが、他に例を見たことがない変わったフォームでした。

私が今まで見てきた、上手い人のフォームのどれとも違うんです。

今まで私が見てきた上手い人のフォームは例外なくヒジが上がっているんですが、テツゾウさんは極端にヒジが下がっているんです。

(実は、この謎を解き明かしたくて、この練習会を企画したという一面もありますw)

後日、テツゾウさんに電話でこの件について聞いたのですが、最近のベストテクスクールでは、ある目的のために肘を絞ってハンドルを握るように強調してアドバイスされているということで謎が解けました。

(この「ある目的」についてはテツゾウさんに解説をお願いしましょう)



結論

ベストテクを学ぶことは必ずプラスになりますが、それだけを妄信するのはよくありません。

(テツゾウさんも言ってましたね)


私とテツゾウさん。同じベストテクを基礎としているこの二人だけを見ても、走る場所やテクニックを修得してきた過程でこれだけの違いが出ます。

モトクロス・エンデューロ・トライアル。

一口にオフロードと言っても、そこには走る場所やバイクの特性に合わせて様々なテクニックがあります。

色々なことを経験して、その中から自分がベストだと思ったものを身につけていく。

それが大事だと私は思います。



最後に言い切ります!

「上手くなる人は、ただ質問をするだけではなく、自分で調べて道を切り開きます。

人に聞くだけで自分で調べようとしない人は、いつまで経っても下手なままです。

こう言い切れるのは、それが自分の通ってきた道。すなわち自分が経験してきたことだからです。

私はそうやって壁を越えてきましたし、これからも越えていきます。」








ベストテク練習会について

明日はベストテク練習会です。

この件については前から書かなくてはいけないと思ってたんですが、私情もあり書きそびれてました(^^;

まずこの練習会の発端ですが、今回のアドバイザーとなるテツゾウさんから「レースに出てコースを走ったりジャンプをする人達向けのアドバイスをしたいという」相談がありました。

(このミーティングの前身がスクールであったり、私が基礎練習会を主催していたという事情に配慮して、事前に相談して頂けたのだと思います。ありがとうございましたm(__)m)

こんな経緯で私が企画してテツゾウさんにアドバイザーをお願いするという形になりましたが、ここで書いておかなければいけないのが私とテツゾウさんのアドバイスの違いです。


*私の場合
ベストテクスクール初期(1995年ごろですから、もう12~13年ほど前になります)に2回スクールに参加し、その後は教本とビデオで自主練習。
10年ほどの月日を掛けて基礎のフォームを自分なりに修得。
その後はベストテク以外のテクニックも参考にしながら現在に至ります。
(コースを走らず、ジャンプを飛ばないフリーライド系です)

*テツゾウさんの場合
10年ほど前から年に数回ベストテクスクールに参加し、現在も継続されています。
テツゾウさんの場合はベストテク一本で練習してきていますので、私よりもベストテクに関しての知識は深く、コースを走ったりジャンプを飛んだりするテクニックは上だと思います。


上記のように辿ってきた道は違いますが、ベストテクを基礎とするテクニックであるという所は共通しています。

私の主催していた基礎練習会に参加されたことのある方は表面的なアドバイスの違いに戸惑うところもあるかもしれませんが、根本的な考え方は同じものです。


要約すると・・・

私のアドバイスは
「自身の経験に基づいた独学でのベストテクの修得方法」

テツゾウさんのアドバイスは
「ベストテクスクールに参加することで修得した純粋なベストテクの修得方法」

となります。



最後に

これは参加される皆さんもわかっていることではあると思いますが、あえて書きます。

「テツゾウさんのアドバイスはベストテクを忠実に伝えてくれるものです。
しかし、一度練習会に参加したからといって直ぐに修得できるものではありませんし、教えてもらうというスタンスでは自分のものにすることはできません。
私もテツゾウさんも長い歳月を掛け、自分で考え練習することによって修得してきたのです。
それを忘れないで下さい^^」




転ぶ転ばない

先日の山梨林道ツーで気が付いたことをちょっと。

それは凍結路やヌタヌタ坂などのグリップの悪い所で顕著だったんですが、タイトルの「転ぶ転ばない」です。

上手い人はスリップやスタックこそすれど転ばないんですが、上手くない人はそこで転んでしまうんですね。

この違いに大きく影響しているのが「体の遅れ」です。

これは根本的なフォームの違いもあるのですが、バイクへの荷重の掛け方(言い換えれば自分の体重の預け方)の違いでもあります。


上手くない人が転ぶパターンというのは・・・

タイヤが滑る

体が遅れている(シートにどっかり座っていてステップに荷重が掛かっていない)

バイクの動きに体がついていってしまう(バランスが取れない)

体が遅れているので自分でハンドルを引っ張ってしまう(ハンドルが切れないので方向の修正ができずバランスも取れない)

転ぶ


逆に上手い人は・・・

タイヤが滑る

体が遅れていない(シッティングでもシートのスポンジが沈まない程度に腰が浮いていてステップに荷重が掛かっている)

バイクの動きに体がついていかない(バランスが取れる)

体が遅れていないので自分でハンドルを引っ張ることが無い(ハンドルが自由に切れるので方向の修正が出来るしバランスも取れる)

転ばない

となります。


こうして解析してみると単純な原理なんですが、いざ乗ってみると体が動かないんですよね(^^;

でも、ここがいちばん大事なポイントでもあるんです。

上手い人というのは積極的に自分の体を動かしてバイクに乗っているんです。

(「力を使ってバイクを押さえ込んでいる」のではなくて「フォームを変えることによって楽にバイクをコントロールできるようにしている」ということです)


バイクは力で乗るものではありません。

如何に自分の力を使わずにバイクの持っている力を引き出せるかがポイントになります。


この意識を持っているかいないかが、上手い人と上手くない人を隔てる壁となるのですd(゜▽+゜)






観察

私は走りに行くと、よく通り過ぎるバイクをボーっと見てます。

これはもうクセになっていて無意識の内にやってます。

(以前、練習中に通り過ぎるバイクをボーっと見ていて「ちゃんと練習している人を見ていてあげないと!」なんて怒られたこともあります(^^;)

ただ、同じ見るでも他の人と違うのがタイトルの「観察」していることです。

(まあ、これは私が人にアドバイスをしたりしているので、それの延長線上というか訓練というかそんなニュアンスもありますが。)


では通り過ぎるバイクのいったいどこを見ているのか?


それは何気ない一瞬のフォームです。

誰でも上手い人と上手くない人は何となく区別できるかもしれませんが、それを更に考えてみるんです。

どうして上手く見えるんだろう?

どうして上手く見えないんだろう?

その違いを明確にしていくことこそが頭で理解するということなんです。


例えば

骨盤が立っているか?寝ているか?

腰が曲がっているか?曲がっていないか?

胴体がぶれないか?ぶれるか?

足の付け根から体が動いているか?動いていないか?

ヒジが上がっているか?下がっているか?

グリップを脇から添えるように握っているか?正面から握り締めているか?

踵は上がっているか?下がっているか?

バイクの前に乗っているか?後ろに乗っているか?

etc・・・


私はバイクが通り過ぎる数秒の間にこれら全てのことを観察しているんです。

最初はよく違いがわからないかもしれませんが、何台も見ているうちに違いが見えてきます。

そしてこの観察の肝はゆっくりと通り過ぎるバイクをじっくりと見ることです。

そこにはスピードが速いと見えない上達へのヒントが沢山隠れています。

ただ8の字グルグルしててもバターになるだけ

オフロードバイクには色々なテクニックの考え方がある。

カテゴリーで分けるとモトクロス・エンデューロ・トライアル。
テクニックで分けるとストレート・コーナーリング・ギャップ・ジャンプ・上り・下りetc・・・

全て違うもの?

確かに違う。

全く同じものではない。


でも一つだけ共通するものがある。

それは紛れもなくスポーツだということ。


そしてどんなスポーツにも共通することがある。

それはどのスポーツでも上級者のフォームはカッコよく上手そうに見えること。


それは小手先のテクニックじゃない。

根本的なフォームの違い。



それを知らなくてもある程度のレベルまでは行く。

でも、そこから更に上には上がれない。


それが中級以下と上級を分けるものの本当の正体。


上手くなりたくて楽しく走りたくて上級者のようにカッコよく走りたくてレースで勝ちたくて・・・

もがいて悩んで怪我して苦しんで・・・


自分には才能がないんだ。

自分はいくら努力しても上手くなれないんだ。


そして諦めてオフロードバイクを降りてしまう。

こんな悲しいことはない。


少しでもそれを知る機会があったら。

少しでも環境が違っていたなら。

もっと楽しく走れるのに・・・


そんなことを思う今日この頃です。




観察力

最近、ライテクの研究のためにネットでバイク関係の写真や動画をよく見ています。

バイクにはオンロード、オフロードを代表として色んなジャンルがありますが、あまりジャンルには拘りません。


そこで何を見ているのか?


フォームです。

更に頭、腕、胴体、足と細分化し、そこを集中して見ています。


(思い返してみれば、九州遠征の時にも無意識の内に、その場所を走りなれた人のフォーム、操作の仕方、ライン取り等を観察しながら走っていました。)


この観察力は、ミーティング参加者の方の写真やムービーを見てアドバイスするということから自然と養われてきたのではないかと思います。


私は相模川で通り過ぎるバイクをボケーっと見ていることがたまにありますが、あれもただボケーっと見ているわけではありません。

やはり

初級者に本当に必要なこと

最近、mixiのニュースをソースにした他の人の日記をよく読んでます。
そこでちょっと感じたことを。


こんなことを書いてしまうと敵を作りそうなんですが・・・(敵になるような人は見てないですかね(^^;)

ニュースを書いているような人が全て有能な人ではなかったり、その情報が全て正しいものではないということです。逆に、日記を書いている一般の人の中に有能な人がいたり、勉強になる情報があったりして感心することが多々あります。これはインターネットが普及して、誰でも自分の考えを世間一般に公表できるようになったからですね。

ここからが本題ですが、それはバイクの世界でも同じです。インターネットが普及する前は、雑誌かそれに付随するビデオやDVDでしかライディングテクニックについての情報が得られませんでした。正しくないかもしれない情報だったり、本当に大切なことが抜けている情報でも、それしかないのですから選択肢がなかったのです。

また、雑誌やそれに付随するビデオやDVDで情報を発信できるような人は、それなりに実績のある人に限られます。それなりに実績があるということは、比較的早くそのライテクを修得してきたということでもあります。

私が参考にしているベストテクを例にとっても、シッティングよりも難しいスタンディングからという、初級者ではスタートラインにさえ着けないところからレッスンが始まります。(ここで言う初級者とは初心者ではありません。初心者はオフロードやオフロードバイクに慣れるところから始まります)

ランディーホーキンスのライテクにしてもそうです。ベストテクの発案者である渡辺さんの解説がなければ初級者には理解できませんし、その解説があっても、ある程度ライテクの基本が理解できていなければわからないことも多々あります。

自分が苦労して修得した経験がないので、初級者が何を本当に必要としているのかがわからないのです。(これはライディングテクニックスクールについても同様です。)


はっきり書きますが、初級者は他のどのライテクを参考にしても、ライテクスクールに行っても本当に必要なことは学べません。


なぜそこまで言い切ることができるのか?


それは、私が基礎練習会でアドバイスしていることが、これらの問題点を踏まえた上での経験則だからです。


追記

逆に、私が基礎練習会でアドバイスしていることを修得してしまえば、他のライテクを参考にすることができ、ライテクスクールに行っても学ぶことができるようになります。




トライアルスクール

前にもちょっと書きましたが、新境地を求めてトライアルスクールに参加することを決めました。

マシンはトラ車をお借りする予定です。

楽しみですね~^^

(今回は骨を折らないように自重しますw)

オフロードバイクの選び方

このお題は何回か書きかけたんですが、面倒になって書きそびれてました。
詳しく書こうとすると、また面倒になるので簡単に書きます(^^;
(この「オフロードバイクの選び方」は、あくまでオフロードテクニックの向上を第一に考えたものです。その他の用途については考えていません)


オフロード初心者の方にオススメのバイク!

経験が少なく体格の小さい方
CRM50・80
XR100
CRF100
TT-R125
DRZ125

経験があって体格の大きい方
XLR125
ジェベル125
KDX125
XLR200
ジェベル200
セロー225
SL230
XR230
CRF230

トランポを持てるのであれば上記トレールの保安部品を全て外し、タイヤをモトクロス用にしたレーサーという選択肢もあります。

私は現在・・・
CRM80レーサー仕様
KDX125レーサー仕様
CR125
CRM250レーサー仕様
の4台を主に乗っていますが、CR125以外の3台は、このトレール改レーサーです。


オフロード初心者の方にオススメできないバイク!

250cc以上のトレール(大きくて重い)
モトクロッサー全般(ピーキー&パワーが有り過ぎてサスが硬い)
エンデューロレーサー全般(パワーが有り過ぎてサスが硬い)
トライアル全般(シッティングが上手くできないとスタンディングが上手くできない)

以上のバイクは、初心者の方には扱い切れない=上手くなるのに時間が掛かります。






人に伝える事は難しい・・・2

久々のオフテクコラム更新ですね(^^;

タイトルの「人に伝える事は難しい・・・」というお題で書こうと思ったら、8ヶ月前に同じタイトルで書いてました。

なので2です。

今年の4月に書いたもの↓

・・・・

この「オフロードテクニックに関するコラム」を書き始めてから7ヶ月が経ちました。

最初はただ何と無く書いてたんですが、そのうち自分が体験してきた事を人に伝えたいと思うようになり、書き方を工夫したり写真を使ったりしてきましたが、それもそろそろ限界のようです(^^;

スクールに来て貰えれば話が早いのですが、平日に休みが取れない人や遠方の人はそうもいきません。

今後は本家サイトの方で、テキスト、写真、動画を上手くミックスさせたページを作っていく方向を考えています^^

・・・・

この頃はまだスクールの看板を上げていて平日のみだったんですね。

あれからスクールの看板を下ろし休日のみの開催と変わってきました。

その過程でアドバイスに関する考え方も変わり、今は基礎練習会での直接のアドバイスがメインになっています。

これは上記の「スクールに来て貰えれば~」を休日開催することによって可能にした事と、実際に会ってアドバイスをしなければ意思の疎通ができないということがわかってきたからです。



また、アドバイスの方法も常に変化しています。

誤解されては困るのであえて書きますが、これは基本的なテクニックが変わるものではなく、あくまでアドバイスの方法が変わるだけだということです。

例えば以前はコブの通過がメインでしたが、今はターンやコーナーリングがメインになっています。

これはアドバイスをもっとわかりやすく参加者の方に伝えるための一つの方法です。



それから最近よく書いている、前乗り(バイクの中心に乗る)・前後サスを均等に縮める・ハンドル加重・セルフステア・前後バランスなどもベストテクやランディーホーキンスのビデオの中で、言葉を変えて出てきます。

これもその言葉をもっとわかりやすく説明しているに過ぎません。



アドバイス方法や言葉は変わっても、根本は同じ所にあります。



変化=進化



もっとわかりやすく、もっと楽しくなれるように・・・



ミーティング・アドバイス方法・そして私も・・・



これからも変わり続けます。





基本の重要性

以下は、きまぐれ日記のコメントでのやりとりです。

・・・・

2006年10月19日(木)09:58 しいな #6x2ZnSGE URL 編集
まいど
 日曜日に行ったヤマハのスクールでも、やはり骨盤を立て、肘をあげる事を言われました。
 これが出来ていないと、すべてのことが出来ないんですよね。
 反復練習あるのみですよね^^;

2006年10月19日(木)11:43 管理人ghost #fZQeSxjk URL 編集
ベストテク以外のスクールでも言うようになったんですね。
別にベストテクが特別な物ではなくて、上手い人のフォームがそうなってるだけなんです。
千葉の方にもベストテクに似たスクールがあるそうで、機会があれば行ってみたいと思ってます。

>これが出来ていないと、すべてのことが出来ないんですよね。
さすがしいなさんですね。
やっぱり経験のある人の方が、理解しやすいようです。
経験がないと、この基本の重要さがどうしても理解できないんですよね。
この基本はすごく難しいので、直ぐには修得できないんですが、そのもどかしさから、スタンディングやコーナーリングやジャンプといった応用に流れてしまうんです。
でも、やっぱり基本が出来ていないので、上手く出来ない。
で、また基本の重要性に気付いて、原点に帰る。
私は何度もこれを繰返しました。

いま気付いたんですが・・・
経験のある人以外は、これを何度も繰返さないとダメなのかもしれませんね。
それを一番知っているのは、他ならぬ私自身ですから(^^;

・・・・

ということです。


コースでの練習方法

4回目の勝沼を走ってみて、気が付いたことがあるので書いてみます。

やはり、このコースの良い所は、路面が平らで楽に走れるモトクロスコースと、路面が荒れていてテクニカルなエンデューロコースの両方があるところです。

更に、平野のコースにはない、山を上って下りるという、山岳コース特有のコースレイアウトも練習に最適です。

・・・・

今回の私は体調が悪く、ダメダメでしたが、逆にそれが良かった部分がありました。

調子が良ければ、モトクロスコースでも気持ちよく飛ばして走っていたと思うのですが、それが出来ないので、ゆっくりと基本練習をしながら走ってみました。

例えば、ジャンプやフープスをゆっくりと前傾後傾を意識しながら通過してみたり、コーナーリングやバンクの使い方を練習したり、半クラの使い方を練習したり、加減速を練習したり、ブレーキの使い方を練習したり、片手で色んなラインを走る練習をしてみたり・・・

とにかく、考え付く限りの練習をコースを一周する間に色々やってました。

最初のうちは、コースを走ることで精一杯になってしまうかもしれませんが、慣れてきたら上記のようなことを積極的にやってみましょう。

こういった練習は、路面が平らで走りに集中でき、アップダウンのある、このコースでしか出来ないことなのです。

・・・・

コースを走る場合でも、本当に大事なのは、速く走ることや、ジャンプを飛ぶことではありません。

コースをただ漫然と走っているだけでは、スピードに慣れるだけで、上手くはなれません。

色んな事を考えながら試してみる。

それが、本当に大事なことです。


・・・・

また、勝沼遠征を企画しますので、次回は上記のことを試してみて下さい^^

・・・・

追記

コースで上記のような練習をする場合の注意点ですが、速い人が後ろから来た場合、焦って止まったりしない方がいいです。

特にジャンプの先や、先が見えないコーナーの出口付近では、追突される危険性があるので、止まらないようにして下さい。

後ろから速い人が来たら(音でわかりますよね)焦らずに、コースなりに走っていれば、上手く抜いていってくれます。

上手く抜けない人は、ラインを変えられない下手な人です(笑)

私の考える初級・中級・上級という区切りの改訂

初級の下・オフを走るのが全く初めて~とりあえず転ばずに走れるが、アクセルを開けられないレベル。

初級の中・何回かオフを経験していて、路面状況の良い所であれば少しアクセルを開けられるが、路面状況が変わったり、悪くなると、ただ通過するだけのレベル。

初級の上・何回もオフの経験は有り、路面状況の良い所であればけっこうアクセルを開けられ、路面状況が変わっても、ある程度対応できるようになるが、スピードを上げて行くとバイクをコントロールできなくなってしまう。
この頃から、「コースや路面状況に合わせてのテクニック」を考え始めるが、ある一定のレベルから上達しない。
*オフを走っている人の大多数がこのレベル。
一般的なスクール、ライテク本、ライテクビデオで教えてくれる事はここまで。

中級の下・なんとなく、この人は上手いなと思うレベル(笑

初級の上で大きなケガをしたりしてもリタイヤしなかった人だけが辿り着ける(笑
「コースや路面状況に合わせてのテクニック」ではなく、どんな状況でも対応できる「バイクを自由に操るためのテクニック」の重要性を知り、そのための練習を始める。

中級の中・オッ!この人はけっこう上手いなと思うレベル(笑

中級の上・う~ん、この人は上手いな~と感心するレベル(笑

上級の下・アマチュアレースでコンスタントに上位に入れるレベル(笑

上級の中・現役、国際級レベル(笑

上級の上・現役、世界チャンピオンレベル(大笑

・・・・

これは、あくまで「中級の中の私が考える、初級・中級・上級という区切り」です(^^;



皆さんに質問!

私は以前から、自分のレベルを「自称 中級の下」と表してきました。
(私の考えるレベル分けはこちら

そこで、最近、気になることが・・・

客観的に見た場合、私のレベルはどのぐらいなんだろうかという事です。

そこで、実際に私の走りを見たことがある、私と一緒に走ったことがあるという方に質問です。

私は客観的に見ると、どのくらいのレベルなんでしょうか?

お世辞抜きの、率直な意見をお願い致しますm(__)m

・・・・

コメントしづらい質問なので、なんとなく全く反応がない気がするんですが・・・

その時には、この日記を抹消します(笑

生き甲斐

私は長い間、バイクに上手く乗れませんでした。

でも、私にはそれしかなかったから諦めずに乗り続けました。

そして、ある壁を乗り越えた時から世界が変わりました。

自分が上手く走れない時に見ていた、上手く走れる人の世界に・・・

今は、その世界をみんなに見せてあげようと努力することが生き甲斐です^^


追記

その壁はもの凄く高いです。

勢いをつけてジャンプしても手が届きません。

落ちて怪我をするだけです。

けれども、越える方法はあります。

努力という小さな箱を積み重ねていけばいいんです。

途中で崩れてしまうこともあるでしょう。

でも諦めないで積み重ね続けてください。

必ず越えられます^^

過去ログ

「オフロードテクニックに関するコラム」を、HPの方へもUPしてみました。

本当は、前に書いたように、ちゃんと整理して写真やムービーを合わせたページを作りたいんですが、趣味の範疇だと中々難しいですね(^^;

で、

とりあえずですが、過去ログを見やすいように並べてみました。

ミーティング前の予習に使って下さい^^

http://www.geocities.jp/zg42/MXOFFTECH.htm

メンテナンスについて

オフロードを走り始めた頃は、なんにもわかりませんでしたが、最近は何が本当に大切なのか、なんとなくわかってきたので、思いついた事を適当に書いてみます。

注:これから書く事は、あくまで「私の場合」です。
世間一般の常識から外れた事もありますし、ケースバイケースで変わる事もあります。
マネをして被害が発生しても一切の責任は負えませんので、自己責任でお願い致しますm(__)m


・・・・

のっけからなんですが、メンテナンスはほとんどしません(^^;
まあ、所有台数が多くて、更に時間が無いという言い訳があるんですが、それにしてもしません。
基本的には調子が悪くなったら直すというスタンスです。

昔は調子が良くてもメンテナンスしてたんですが、いつの頃からか、メンテナンスをしなくなりました。

自分なりにその訳を考えてみると、昔は上手く走れないのをバイクのせいにしていたから・・・ではないかと思います。

・・・・

では、私が通常しているメンテナンスとは?

走行前

ガソリン給油

私の所有車はほとんど混合給油なので、混合ガソリンを作ります。

使用2ストオイルは、ケースで買った広島高潤のKZ40。
(本当は、一つ下のグレードでも充分なのですが、なんとなく・・・)

本来このオイルは、煙が少ないことが売りなのですが、回せないので煙モクモクです(^^;

混合比は40:1。

私レベルで、走るのが相模川なら50:1でもいけるのですが、保険のために・・・

量は、一台でも二台でも5リットルです。

まず間違いなく余ります(^^;

余った混合ガスは、そのままです。

昔の植物性オイルは腐るので、一回使い切りでしたが、今の化学合成オイルなら1ヶ月ぐらいは全然平気のようです。
(腐った植物性オイルで焼き付かせた経験あり| 柱 |ヽ(-_-; ))

いつも継ぎ足しで走ってます。


タイヤの空気圧点検。

チューブタイプは、必ず少しずつ空気が減っていきます。

私は前後0.8キロにするのですが、1ヶ月も経つとグチャッと潰れてます(^^;


冷却水点検

水冷車は水が命です。
(エンジンを開けるときぐらいしか交換しないので、腐食防止にクーラントを入れてます)


チェーン点検

見るからにダラダラになっている場合にのみ張ります(^^;

下側のチェーンの真ん中を押し上げてみて、スイングアームにくっつかなければOK。

かなりアバウトです(笑

走行後

キャブレターのガソリン抜き

コックを閉め、横倒しにするだけです(笑

キャブレターの中のガソリンは量が少なく、揮発した時に不純物が残ります。

これが詰まりの原因になるので、毎回抜きます。

補足

レギュラーと較べて、ハイオクはほとんど詰まりませんが、念のため。

コックを開ければ、新しいガソリンが入ってくるので、次回のエンジン始動時に掛かりやすいです。

ウチはトラックなので関係ないですが、ワンボックス車では、オーバーフローしたガソリンで車内が臭くなるのを防げます。


洗車

とりあえず、川で洗って大きな泥を落とします(笑

翌日以降、店でもう一度洗車。

落としきれなかった泥をホースの水で落とし、超強力業務用洗剤を満遍なく掛けます。
(使った事は無いですが、ダートスコートみたいなもんでしょうか。真面目に手が溶けます(^^;))

洗剤をホースの水で流して終了(爆

本当に一コスリもしません。

さすが業務用パワー。

フレームの色が落ちるほどです(爆(爆

そして、自然乾燥(笑


洗車後のメンテ

乾いたら、チェーンオイルではなく、潤滑剤(CRC等)を塗ります。

私が思うに・・・

オフロード、それもドロドロの所を走ると、すぐにチェーンオイルなど洗われて無くなってしまいます。

すぐに無くなってしまうのにチェーンオイルを塗っても・・・と、チェーンオイルを塗らなくなりました。

ですが、錆びてしまうと固着して動きが悪くなる。

それを防ぐために潤滑剤を塗っておきます。


レバーの付け根とサスペンションに潤滑剤を塗布。

レバーはわかるけど、サスペンション?

これはフロントフォークならインナーチューブ、リアサスならロッドのサビ防止です。

所有車が増えると、乗らないバイクは平気で何ヶ月も乗りません。

それも、カバーを掛けているとはいえ、屋外保管です。

シール類に悪影響があるのは重々承知ですが、サビるよりは・・・という対策です。

・・・・

通常のメンテはこんなもんです。

それ以外の定期メンテは・・・


エアクリーナーエレメント清掃

走行5回に1回ぐらいでしょうか・・・

そもそも私はホコリが嫌いな上に、人の後ろを走ることがほとんど無いので、あまり汚れません。

なので、気が向いたら・・・です(笑


ミッツションオイル交換

使用オイルはスズキギアオイルです。

これも気が向いたらです(笑

走行10回に1回ぐらいでしょうか。

2ストのミッションオイルは、4ストと違い、ギアの潤滑だけですから、高いオイルを使ったり、走行毎に換える必要はありません。

入っていればOKです。


他・・・

プラグ交換

レーサーではないので、ごく一般的なプラグを使ってます。
(実はレーサーのCR125にも使ってますが(^^;)

高くて性能の良い?Vプラグやイリジウムは死にやすいです。
(特に2ストは・・・)

一度死んだら、何をしても生き返りません。

なので、死ににくく、生き返る可能性のある普通のプラグを使ってます。

1~2年に1度、忘れた頃に交換します(笑


ピストンリング交換

作りの簡単な2ストは、これを換えるだけで甦ります。

私の場合は、エンジン音がうるさくなり、更に暖気に時間が掛かるようになってきたら換えます。

(普通はもうちょっと早く換えます(^^;)


ホイールベアリンググリスアップ

他の作業でホイールを外したらついでに。


フォークオイル交換&リアサスOH

抜けたら・・・| 柱 |ヽ(-_-; )


ステムベアリング&リアサスリンク等グリスアップ

動きが渋くなったら・・・(@∇@)

・・・・

まあ、こんなところでしょうか。

また思いついたら更新します^^

ムービーの効果

携帯を新しくしてから、ムービーをよく撮るようになったんですが、これが思ったより好評です。

最初は面白いムービーが撮れればいいなぐらいの気持ちで始めたんですけどね(^^;

初級者のうちは、自分で出来ていると思っても、傍から見れば全く出来ていない事が多いので、自分のフォームを客観的に見られる事が良いようです。

中・上級者のフォームは見た目でかっこいいだけでなく、全てに意味があり、必然的にフォームが決まってきます。

そのフォームと自分のフォームのどこが違うのか、よく観察し、そのフォームに近づけるように考えながら走る様にすると、上達が早いと思います^^


  1. 無料アクセス解析